復縁屋の口コミは業者の選び方に重要なのか?

復縁屋、もしくは復縁工作というものが生まれたのは2000年ごろと言われています。
監修探偵社もちょうどその頃からサービスを開始。気付けばすでに20年近くになります。
始めた当時は同業の復縁屋は少なく、復縁屋サービスを名乗るHPの数も今とは全然違ったものです。
復縁屋としての実績期間はそれほど長くないかもしれませんが、この間にどれ程の数の自称復縁屋や探偵社がなくなり、新しい業者やHPサイトができてきたか分かりません。
検索サイトで「復縁屋」と入力し、上位表示されているサイトでも、ここ1,2年の間にできたものだったりします。1人でやっているような復縁屋から探偵社などの法人として運営しているところまで、形態は様々です。極端な話、依頼者にとっては結果が第一ですから、新しくても老舗でもたいして問題ないかもしれません。しかし、実績や経験がものをいう部分はかなりあります。
復縁屋選びにその点を重視する人もいるでしょう。
創業何年という数字を確かめようがない場合もありますが、復縁屋のサービス自体がそう歴史が古いものではないということを覚えておいて損はないと思います。

メール相談

復縁屋についての口コミ

復縁屋 口コミ

口コミは今や欠かせない重要情報です。
居酒屋やラーメン屋などの飲食業からホテルや旅館などの宿泊施設まで、広く口コミ情報が出回っています。
店を予約するときにまっさきに口コミを確認する人も多いでしょう。
最近ではその口コミを操作するネット業者もいるようで、ステマも含めた口コミの信憑性が疑われる風潮もあります。自分の目で見られないから口コミをあてにするわけですが、そこに落とし穴がある。どこのだれだか知らない人の意見に踊らされていることがあるのです。
誰しもが情報を発信できる世の中ですが、善意での発信と何かしらの意図のある発信があり、そこを見分ける目が求められます。

復縁屋の場合はどうでしょうか。
2chやまとめサイト、誰が作ったかわからないブログなどに口コミがあったりします。
この復縁屋が良かった、あの復縁屋は駄目だったと口コミが書かれています。
問題はこれらの口コミがどこまであてになるかです。
残念ながらほとんどの口コミは作られたもののようです。
復縁屋が他の業者をつぶすために書き込んだり、自画自賛をしたりしています。
つまり営業用の口コミが横行しているのです。
たいていの口コミは見る人がみれば、その内容が本物かどうかはわかります。
しかし復縁屋というあまりなじみのない世界ですから、多くの人はよくわからないまま口コミを信じてしまうのです。これは復縁屋が自分たちの業務や起こりうるリスク、案件ごとの問題点などを説明しないことも原因の1つだと思います。

メール相談

復縁屋選びのコツ

復縁屋 コツ

このような悪徳業者は依頼者側の無知につけこみ、依頼を強要したり、焦らせたりする。
まともな契約書が無かったり、返金事項がない無効な契約書を結ばせるところもあるそうです。契約書は隅々まで見てしっかり確認しましょう。
この手の業者はフリーダイヤルで自分たちの居場所を分からなくすることもあります。喫茶店やファミレス、カラオケボックスでの面談を持ち掛けられたら気をつけましょう。また分割払いでいいとかローンを組めるから、といった甘言も要注意です。探偵社が金融業務、貸付業務を行うことは問題があります。
お金を払わなかったらバラされるという恐怖を下地にするような金銭貸借は著しく不均衡と言えるでしょう。

マスコミに出演実績がある復縁屋もあります。
テレビや雑誌に出ているところが全て良いというわけではありませんし、出ていなくてもきちんとやっている復縁屋もあると思います。
しかしマスコミに出演しているということは、所在地が明確であり、つい最近できた探偵社ではないということは言えます。マスコミに出て目立つということは、悪いことをすればそのまま跳ね返ってくるので、悪徳にはなりづらいということも言えるでしょう。

これらのポイントを参考にして復縁屋を選んでみてください。

メール

PAGE TOP