復縁屋とは

復縁屋とは

復縁屋とは探偵の業務の一環で、復縁したい、よりを戻したいという強い思いを抱く人の依頼を受け、工作という手段を用いて、目的達成のサポートをする仕事です。
恋愛は自力で道を切り開くのが基本なのですが、どうにもならないときがあります。
諦めて、相手のことはさっさと忘れて、次を見つければいい。
気持ちを切り替えて割り切れる人はいいのですが、そうでない人もいます。
こんな人と巡り合うことは二度とないと、過去を振りかえり反省と後悔を繰り返しながら、よりいっそう相手に対する思いは募る。
復縁相談を周囲の人にしても返ってくる意見はどれもこれも似たような正論ばかりで、誰にも頼れず、復縁屋を営む探偵に工作を依頼しようと考えるわけです。
冒頭に書いたように復縁屋の役割は、依頼人を支えて、復縁や関係の改善をサポートすることです。
しかし、復縁屋になるための国家資格があるわけではないので、様々な人がやっています。
探偵が主業務の一つとして、復縁工作を行っている自社を称して復縁屋と呼んでいたり、最近では、何でも屋も積極的にこのようなサービスを行っているようです。
また、恋愛相談系の掲示板やサイトを徘徊して、恋愛相談のプロを自称して復縁屋の真似事をするような個人もいます。いつでも誰でも復縁屋を名乗れるからこそ、ピンキリの世界で、工作を依頼して復縁したいということであれば、慎重に選んでいく必要があるのです。

メール相談

復縁屋の仕事を探偵社が行う理由

復縁屋 仕事

名乗ればその日からライターと肩書きをつけられます。
しかし、一流の雑誌や新聞で活躍している人もいれば、ほとんど人の目にさらされていない自分のブログを書き綴っているだけでライターと名乗っている人もいます。
これと同じで、復縁屋は自称から真似事レベル、そして本格的なものまで多種多様なのです。
変な復縁屋に依頼して困るのは自分自身です。
騙されてお金だけ取られてしまったというのであればまだいいのですが、いまより状況が悪くなってしまって復縁がさらに遠のいてしまえば、何のために依頼したか分かりません。
後悔しないために復縁屋に依頼したのに、さらに別の後悔が生まれてしまうことになるのです。いわゆるこのピンキリの世界ですから、復縁屋に依頼するのであれば、最低条件として、探偵にすべきです。

探偵は探偵業の届出を警察署経由で公安委員会に提出して認められなければ活動はできません。
そして、探偵業法という法律に従ったうえで、張り込みや尾行、聞き込みなどの行為ができることになっています。
復縁を目指すためには、相手の現在を調べたりする必要もあります。
当然、依頼人がまったく関与しないところで、相手に接触したり、仲良くなっていかなくてはならないわけです。相手と仲良くなるまでは絶対に張り込みや尾行が必要不可欠で、それらも含めて探偵は工作と呼んでいるのです。
しかし、探偵業の届出を提出していない個人や何でも屋のほとんどは、張り込みや尾行など一切できません。つまり、電話をかけるだけとか、依頼人の知り合いと称して対象者にところに直接訪問するなど、その程度のことしかできないというわけです。
依頼人に頼まれて来たのだけど、お願いだから復縁してくれないかな。
依頼人には内緒で勝手に動いているのだけど、あいつは良い奴だから、もう一度やり直してほしい。
こんなことで復縁できるのであれば、世の中誰も苦労はしません。
人にこんなことを頼んで食い下がるなんて最低と怒鳴られるのが関の山です。相手の立場に立ってみれば、自分たちの恋愛のことを他人に話したというだけでも、気持ちのいいものではありません。人に頼んで、交渉しようなどという方法は、姑息な手段と受け取ります。
自分は頼んでいないと言い訳したとしても、通用するはずもないです。
こんな工作とも言えないような方法をしてしまえば、さらに状況は悪化してしまうでしょう。
探偵ではない復縁屋が張り込みや尾行もしてくれた。
これはこれで大問題です。
探偵業の届出をしないまま探偵が行うような調査や工作をすれば、違法行為となり、6ヶ月以下の懲役または30万以下の罰金に処されます。
復縁屋が処罰されるだけでなく、場合によっては、依頼人まで巻き込まれるはめになってしまうのです。
もちろん、復縁屋は探偵を選べばそれでいいわけではなく、最低限の条件ということです。

メール相談

復縁屋を手掛ける探偵社のあるべき姿とは

復縁屋 探偵社

探偵も多種多様で、復縁屋としてそもそも工作を請け負うための機能が備わっていないところも多いです。
数ある探偵社の90%以上が個人事業主状態で、3名以下で活動しています。
当たり前ですが、対象者にはあらゆる年代の様々な職業の人がいて、復縁屋もそれに対応できるスタッフ数が必要なのです。
また、極めて特殊な情報を扱うわけですから、複数のスタッフを管理できる体制が整っていなくてはなりません。そのうえで、スタッフ個々人の技術や知識を養うために、社員教育にも力を入れる必要があるのです。
監修探偵社では、スタッフは全て社会保険・厚生年金加入の社員であり、警察OBの方を顧問として迎え、定期的に社員研修を行っています。
そして、前職が出版業界、経営コンサルタント業界、美容業界、映像制作業界、結婚サービス業界、アパレル業界、飲食業界、旅行業界など様々な経歴のスタッフが揃っています。
資本金1000万円程度の法人化している探偵でなければ復縁屋として成立しませんが、さらに言えば、その会社の姿勢に注目する必要があるのです。

メール

PAGE TOP