復縁屋が用いる方法とは

復縁屋は方法をどのように考えるのか。いつもいつも同じ方法では様々なケースに対応できません。
引き出しの多さは復縁屋の腕の見せ所でもありますが、どの方法を選択するかが大事です。依頼者にマッチした方法を導き出すには経験がものを言います。そして選択の基準は依頼者と対象者との関係性や別れ方にあるのです。

メール相談

復縁屋の基本的な方法

復縁屋 方法

復縁したい相手がなぜ復縁を拒んでいるのか。その理由を調査し、その原因を取り除くための活動が工作のメイン部分にあたります。
たとえば別れの理由が他の異性の存在であった場合は別れさせ屋工作が必要となるでしょう。
別れさせ=復縁といった方程式が成り立つこともあれば、別れさせた後に別途復縁のための工作が必要な場合もあります。
また、別れさせ屋工作は必要なく、対象者の気持ちに原因がある場合、例えば依頼者が嫌われている場合などは、対象者の気持ちを復縁に向けて働きかけ、嫌いという感情を前向きに変えていくことが復縁屋の主な作業になります。
タイミングを逃して別れてしまったり、お互いそこまで悪い感情がなかったりするケースでは、自然な形での再会が復縁方法として有効と言えるでしょう。
復縁屋はその辺りの状況を見て、予算や希望なども鑑みて方法を取捨選択するのです。

メール相談

相手から返事が無い時の復縁屋の方法

復縁 方法

依頼者が連絡しても相手から返事がない、そんな状況もあります。
このまま繰り返し連絡を続けても良い結果が得られるとは限りません。むしろ相手にストレスやプレッシャーを与え、どんどん遠ざかっていく可能性の方が高く、お勧めできない方法です。
そこで共通の友人を介して相手の本心を聞き出す方法もあるかもしれませんが、友人というフィルターを通して話をすると、真意が真っ直ぐに伝わらないこともあります。
何よりも対象者が依頼者側である友人に本音を話さない可能性が高いでしょう。
そのため何の利害関係の無い第三者が必要になってきます。
言いたい放題であっても誰に伝わるわけではなく、気を遣わなくてもいい相手。そういった人物として工作員は立ち位置を持っていきます。さらにその先の復縁を見越して、相手の気持ちに少しずつ化学変化を起こしていくのが復縁屋の方法です。それと同時に依頼者にも聞き出した内容をもとに変わっていってもらう必要があります。復縁のためには依頼者自身も変わらなければなりません。
自己改革が必要なのです。復縁したい相手に合わせて変わっていく必要があるのです。
以前のままでは対象者が受けいれてくれなかったり、せっかく復縁できても同じことの繰り返しになったりすることもあります。
復縁屋の客観的な意見を受けいれ、変化することを恐れずに新しい自分に生まれ変わるように意識して下さい。
復縁屋は復縁という目的のために、何が必要か、何を省けばいいのか、何を変えなくてはいけないのかという部分を徹底的に打ち合わせていきます。
そのためにも依頼者が復縁屋と2人3脚で進めていかねばならないのです。

メール

PAGE TOP