離婚したがやっぱり復縁したい

離婚したがやっぱり復縁したい

離婚をした後に復縁を希望される方もいます。
やむを得ない事情で離婚したが、まだ好きな気持ちがあり復縁したいと思うのです。
結婚しているときや交際時を振り返って、離婚してしまった自分やそれまでのことを後悔する。失ってはじめて自分にとっていかにその人が大切な存在だったかに気づかされたりするのです。
価値観も育ちも違う他人同士が一緒に住むわけですから、どのような夫婦であっても、関係を持続させることは簡単なことではありません。
小さな不満が重なれば、いつしかお互い相手の悪いところにしか目がいかなくなります。そして感情の行き違いで離婚してしまい、後で冷静になってから後悔するというパターンです。
もちろん浮気といった明らかな落ち度から離婚するはめになることもあります。
謝っても簡単に許されるはずもありません。
浮気される側にも問題があることもありますが、それを粒立てても問題の解決には向かわず、離婚へと進むだけです。
しかし本気ではなく浮気である限り、復縁したいと願う気持ちがあってもおかしくはないのです。

メール相談

離婚からの復縁はありえるか

離婚した夫婦の復縁はありえないことではありません。
そもそも一度は交際し、結婚までした関係です。悪い面しか見ていなかった離婚時から時間が過ぎ、落ち着きを取り戻せばまた変わってきます。
お互いの良い面もたくさん知っているので、時間が経ち、何かしらのキッカケを受けて良い面ばかりが思い出され、離婚しなければ良かった・・・となるケースもあるのです。
ただ怖いのは、復縁したい元夫や元妻を取り巻く環境が、目まぐるしく速いスピードで動くときです。
離婚という出来事だけでも大きなことですが、ここから連鎖的に生活が変わることが多々あります。
専業主婦だったら、離婚によって働きに出ることもあります。
実家に戻る人もいるでしょう。
離婚という波乱のあとは、生活基盤や安定を得るために行動することが多いのです。

メール相談

離婚から復縁のポイント

離婚 復縁

離婚してからの時間経過は重要なポイントです。
離婚した直後、数ヶ月後、数年後と、離婚からの期間によって心理状況も変わってきますし、取り巻く環境も以前とは違ってきます。
お子さんや金銭面でつながりがあるかどうかも復縁に関係してきます。
新しいパートナーがいるかどうかも大きいでしょう。
そして、復縁のためには別れの原因探求だとよく言われますが、離婚からの復縁の場合も同じです。
交際時よりも物理的な距離は近くなっても、精神的な距離が遠くなっている夫婦はあんがい多いです。結婚という枠組みにあぐらをかいていると、相手のことを思いやる姿勢に欠けてくるわけですね。
そのため、よく知っている相手なのに何を考えているのかわからない、という矛盾を抱えています。
復縁のためには一から相手のことを知ろうとするぐらいの気概が必要です。復縁を目指すと言いつつも、気持ちは新たな人と新たに知り合い、新たな交際をする。こういった意識を持ったほうが良いと思います。
そのほうが虚心坦懐でいられますからね。

メール相談

復縁屋の工作事例一覧

メール

PAGE TOP