恋人を取り返したい!別れさせて復縁

恋人を取り返したいというご相談も多いです。
復縁したい相手に、既に新しい彼氏、彼女ができてしまっているケースです。取り返して、自分のものにしたいというと聞こえは悪いですが、取り返したいと思われる方の多くは自分の悪かった点を深く後悔されており、 もう一度やり直して相手を幸せにしたいという真剣な気持ちの方が多いのです。
しかしこういった状況では、反省して自己改善にむけて努力をしても、残念ながらあまり報われないです。取り返したい相手の気持ちは過去になく、いまの交際相手にあります。
交際相手に負けているわけですから、復縁のためには、取り返したい相手と交際相手の別れさせ工作が必要になります。

メール相談

別れさせて取り返すための注意点

恋人を取り返したい!

ここで2つ、気をつけないといけないことがあります。
1つは復縁したい相手への連絡です。
時間の経過とともに、相手がさらに遠くに行ってしまうと思えば、いても立ってもいられない気持ちになります。別れても相手と連絡が取れる場合なら、つい交際相手を探ったり、反省の弁を述べて暗に復縁を迫ったりしてしまうことでしょう。
相手と連絡がとれなければ、これ以上二人の関係は悪くなることはありません。
しかし、まだ相手と繋がっていることが逆に関係悪化をもたらす要因になる危険があるのです。
焦れて相手にアプローチすれば、相手は嫌悪感を抱いてしまったりする。そうなると相手と交際相手の関係を後押ししてしまう結果にもなりかねません。
自分では何気ない会話をしているつもりでも、復縁したいという気持ちが表に出ることもあります。気を配っていても無意識のうちに自分の気持ちが出てしまうことはよくあるのです。
また、交際していた頃に通用したことが、関係性が変わったことで、通じなくなることもあります。良かれと思ってしたことが逆にネガティブに受け取られる可能性もあるのです。
二人の気持ちにはズレがあるわけですから、その点を留意しないといけません。

もう1つは共通の友人の利用です。
困ったときにはつい頼みがちになりますが、いつもあなたの味方になるとは限りません。
事情を知っているがゆえに板挟みになりますし、先々の関係を考えてどちらにもいい顔をしてしまう人も多いです。友人には友人なりの相手との距離や関係性があり、あなたに頼まれたからといってそこが急に変わることはありません。それに友人が勘違いしたり何気なく口にしたことで相手が傷つく可能性もあります。
意図した内容と若干ずれて思いも寄らない形で相手に伝わってしまうこともあるのです。
さらに友達まで利用して・・と思われたら、復縁は遠のいてしまうでしょう。

メール相談

別れさせの重要性

復縁に挑むためには、二人の関係を悪化させなくてはならない。
しかし交際相手に関する情報が不足していることが多く、調査の重要性が増してきます。
そのため復縁屋であっても調査員のレベルが必要です。
別れさせと復縁工作を同時に仕掛ける場合もあります。取り返したい相手が、新しい相手と依頼者との間で心が揺らいでいるようなケースは、どう依頼者を良く見せるかが重要です。

別れさせにより交際相手の印象を悪くすることで、依頼者の印象を良くなるといった、天秤のようなことが起きることもあります。
人間の心理として、新しい相手とうまくいっていないときは昔の恋人のことを思い出すことが多くなります。
ただし、ここで焦ってはいけません。
元彼、元カノが自ら戻ってきたくなるような心理、状況にすることが、その後の復縁の鍵を握るのです。

メール相談

復縁屋の工作事例一覧

メール

PAGE TOP