復縁屋の金額の相場

現代は貨幣経済ですから、どのようなものにも金額があり、相場があります。ただそれがどうやって決まるのかがポイントです。もともと相場とはその時々の値段です。つまり一定のものではなく、変動するもの。為替や株式といった値動きするものに主に使われる言葉で、言い換えれば時価となります。市場において形成されるものですから、市価とも言えますね。
「相場は生きもの」とよく言われますが、まさに言葉通りで、人々の思惑や社会情勢によって変わります。

メール相談

ずばり復縁屋の相場とは

復縁屋 相場 復縁屋が行う工作ですが、ご多分に漏れずその金額にも相場があります。
現在、150万円前後が復縁屋の相場と言われています。
着手してから終了まで料金体系や支払いのタイミングは異なりますが、復縁屋が一連の工作活動を行うためにはこれぐらい掛かることが多いわけです。
もちろん額には幅があります。
トータル80万円で完了するケースもあれば、300万円掛かってもまだ終わらないケースもあります。
電話一本といった簡易な10万円以下の工作で成功することもあります。
ですが、工作員が対象者に接触し、連絡を取り合い、会って復縁に向けて進めていくといった作業を行う場合は、それぐらいが相場になってくるのです。

メール相談

わかりにくい復縁屋の相場

たいていの復縁屋は見積書を作成し、依頼人様に提示します。
事前にある情報の量や質(正確さ)を精査し、別れ方や別れた後の行動などから難易度なるものを算出したり、調査にかかる作業量を見積もったりして、金額を出します。
難易度や状況に全く関係なく、一律料金で受ける探偵社はほとんどないでしょう。
ちょっと考えてみればわかるはずです。
例えば、住所が判明している場合と、別れた後、引っ越されて住所がわからない場合では、行う作業に差があります。勤務先から対象者を尾行して自宅を割り出すといった作業を無視して金額算出する方がおかしいわけです。
他には復縁屋が東京にあれば地方と東京では掛かる経費が違ってきます。
実際の金額は個々の内容や状況を詳しく聞いた上で決まるのが妥当であり、ろくにヒアリングもしないで先に総額がいくらと出る方が問題なのです。

メール相談

相場を無視した予算の問題

復縁屋 相場 金額

もちろん依頼人様が考える予算も考慮しないといけません。
予算が少ないということは、やれる方法も回数も期間もかなり限定されてしまいますし、チャンスは少なくなります。
たしかに、費用を安く抑え、できる限り効率的に目的を達成するのが理想でしょう。
しかし、それを求めすぎるのはどうでしょうか。
それぞれ資金的なこともあり仕方がない部分はありますが、人間相手のことですからいつも都合よく物事が運ぶとは限りません。
自分だけでなく、相手都合で物事を考える必要があるのです。

安く効率的に成功するというのは、二つも三つも目的を持つようなものです。
何にでも言えることですが、コストを削る意識は必要ですが、優先順位をどこに置くかということです。
結果的にスムーズに進んで思ったよりもコストがかからなかった。
そういったこともありますが、何がなんでもコストをかけずにスムーズに進めて成功させよう、という考えには無理があるのです。
例えばコストを削るために一名体制で行うとしましょう。
一名で張り込みしたり尾行したりすれば、ばれたり見逃したりする可能性が高くなります。
要するに知らず知らずにリスクを抱え、結果的には依頼する前よりも状況が悪くなる可能性もあるのです。

メール

PAGE TOP