復縁屋の効果

復縁屋 効果

費用対効果という言葉があります。
かけた費用に対してどれぐらいの効果があるか。コストパフォーマンスとも言われますね。
数値であらわす場合は効果を費用で割ります。
すなわち、費用が安く、効果が高いほど、数値は高くなります。
例えば、企業がコンピュータシステムを5千万円かけて導入。それによって人件費が2億円浮いたならば、費用対効果の数値は2億/5000万で4となります。
もちろん数字では計れないものもあります。
システム化によって人のミスが減ったとか、思ったよりもシステムの運用に時間を取られる、など目に見えない効果やロスがあります。
つまりすべての効果を見切ることは難しく、一定の効果があれば良しと捉えるのが妥当なラインです。
復縁屋を使って復縁を目指す場合、目に見える効果は復縁という目的達成や相手の本音や気持ち、別れの原因を知ることが出来たという部分にあたるでしょう。
復縁屋が行った接触のための行動調査で思いもかけない一面が見えたり、すでに恋人がいたという事実を知ったりすることも効果の一つですね。
復縁屋に依頼しなければ、これらの情報を得ることはできなかったわけで、わかりやすい効果と言えるでしょう。

メール相談

復縁屋が効果を発揮するシステム

復縁屋 効果 システム

復縁工作をどう進めていくかは全て個々人の状況によります。
相手に合わせて、依頼人様に合わせて最適なものを検討し、決定していきます。そのため復縁工作はすべてオーダーメイドであり、復縁屋は仕立て屋なのです。
長年、工作に取り組んできた監修探偵社は、一番効果を発揮する仕組みを作り出しました。
それが段階毎の進め方であり、稼働性の料金システムです。
これによって様々なメリットを依頼人様にもたらすことが出来ました。
まず予算に応じて進められます。
復縁屋への支払も進行状況に合わせてご相談ができます。
対象者の状況・環境・行動パターン・人間関係を多角的に見て、最も適した方法を行えます。
期間設定がないことで、短期間で完了できることもありますし、逆に長期に渡ったとしても、期間による費用は殆ど変わりません。
動きがなくても無駄な費用を払うことがなく、工作の現実に適したシステムとなっています。

メール相談

稼働性システムやオーダーメイド工作の利点

さらに工作の途中で方向転換やシナリオ修正にも柔軟に対応でき、硬直化を避けられます。
復縁屋に対して依頼人様が対等に向かい合えるという副産物もあります。
復縁の方向性を考える際に、自分の意見を反映することができ、やむなく途中で辞めた場合には余剰金が戻ってくるので、金銭的なリスクも抑えられます。
稼働性システムやオーダーメイド方式にはこのような特色があります。
他の復縁屋が採用するパック料金制や成功報酬制には全くない、依頼人様本位に立った良い点が揃っているのです。

メール

PAGE TOP