復縁屋の値段の仕組み

復縁屋 値段

モノを買う場合、購入者はその値段とモノの価値を天秤にかけ、高いか安いかを判断します。
しかしサービスとなるとそうはいかない。
提供されるサービスの内容は事前に説明を受けても、質まではわからない。
自分がマッサージを受けると仮定してみてください。
肩をもむ、腰をほぐすといったサービス内容はわかっても、施術者の腕や実際にコリがほぐれるかは受けてみないとわかりません。
高い値段の方がほぐれそうに思いますが、相性もあり必ずそうとは言えない。
逆にとても安い値段のところはいい加減にされて余計に悪化するかも…と不安になるでしょう。
サービスを提供する側は…というと、実施場所の確保や揉む人の労力、広告宣伝費やシーツのクリーニング代が最低でもかかる。そのため、これぐらいは必要というラインが自然とできるものです。
実際には10分1000円ぐらいの相場があり、あとは場所や技術力の差が値段の差になるわけですね。

メール相談

復縁屋の値段は高い?

では復縁屋はどうなのか。
復縁屋の値段はその他のサービスよりも高いと思われると思います。
エステや理容美容、学習塾もそれなりにしますが、なんとなく見返りや成果が見えます。それに対して復縁屋は尾行や接触、連絡先交換といった工程内の成果があっても、目的地である復縁にたどり着けるかはわかりません。
そういった特殊性により、高いと感じる人が多いのだと思います。
お金がある人にとってはいいですが、100万200万という値段を復縁屋から提示されると高いと思うのが普通です。
復縁屋に依頼をしたら絶対に成功するならまだしも、失敗するかもしれないのにその額を払うとなれば躊躇するのは当然でしょう。
しかし誰かの人生を左右するということは、それだけの価値があるものなのです。

メール相談

復縁屋の値段はなぜ高い?

復縁屋 値段 高い

工作員と対象者の連絡先交換が工作の第一段階ですが、そのためには複数回の接触目的の尾行が必要になります。
尾行するスタッフと工作員役のスタッフが必要で、相手が車ならば復縁屋も車を用意しなければなりません。
復縁屋の側からすると、複数人が動き、機材を使用するため、成否に関わらず人件費や経費は発生します。
最低このくらいは頂かないとやっていけないという最低ラインがあるわけで、それが基本料金になっていると思います。そのためここが異常に安い値段の場合は、要注意ですね。
安い復縁屋にはワケがあるものです。
復縁屋の値段は、依頼者側が頼める額でかつ復縁屋が実行できる額で決定されていると言えるでしょう。
100から200万、150万円ぐらいの平均相場という額は、その辺りの兼ね合いで決まってきたのでしょう。
まともにやっている復縁屋からすれば、調査員や工作員、担当者など多くの人間が一定の期間拘束されるわけですから、あまりにも安い額で受けられるはずもありません。
依頼する側は安ければ安いほど良いと思うでしょうが、安い値段=何もしない、という図式が成り立つのです。

メール

PAGE TOP