復縁屋とのやり取りはメールで

復縁屋 メール

復縁屋に相談する前に、復縁屋のHPをすべて読んでみたり、ネットの口コミ情報をくまなく調べてみたりする人は、案外少ないようです。
たしかにネット上には有象無象の情報が溢れています。それらのすべてを網羅することは大変な労力です。
しかも書いてある情報がどこまで正しいかもわからないので、間違った情報をずっと追いかけている可能性すらあります。
復縁屋の数も昔と比べて10倍ぐらいに増えました。
ネット広告を出している復縁屋も多く、すべての復縁屋のホームページを全部読むのはかなりの時間を要するでしょう。
もちろん、なかには内容の薄いサイトもあります。
イメージ画像と大きな文字で人目をひかせる作りではあるが、中身が伴っていないページがほとんどで、結局問い合わせてみないと何もわからなかったりするのです。
では、復縁屋に問合せするときにはどうしたらいいのでしょうか。

メール相談

電話よりもメールがいい理由

復縁屋 電話 メール

復縁屋への相談はメールが良いと言われています。
問い合わせフォームから内容を記入して送信して、その後はメールでやり取りを続ける形です。
もちろんほとんどすべての復縁屋は電話相談も受け付けていますから、電話も可能です。
では、メールで行った方が良い理由とは何でしょうか?
1つは、複数の復縁屋に相談のメールを送ることができる点です。
毎回毎回、電話で同じ内容を話すのは疲れてしまいます。例えば5つの復縁屋に相談したら5回同じ話をすることになります。
メールならば相談内容をコピーしてあちこちに送ることができます。
そして各社から返信されたメールの内容をじっくりと見比べることができます。

非現実的な手法や料金設定でアピールする復縁屋。
工作におけるメリットや自分たちがいかに有能であるかという話だけを並べたてる復縁屋。
メールならばこのような業者を冷静に選別できます。
工作は万能なものではなく、一方でデメリットもあるものです。
依頼する側は、どうしてもうまくいく見込みや成功率など、ゴール地点のことばかり意識してしまいがちです。
工作は極めて現実的なものであって、リスクやデメリットもあります。
この部分を省いてしまう復縁屋には要注意なのです。

メール相談

メールならではの利点

また、すぐに面談や電話を勧めてくる復縁屋がいます。
工作の影の部分は話さず、光の部分だけにスポットを当て、リスクの説明などほとんどせずに口頭での説明に終始する。自分たちにとって都合の悪くなるような話をメールという形で残しておきたくはないのでしょう。
口頭説明であれば、どのような説明をしたとしても、あとから言った、言わないという水掛け論で逃げることができます。
工作における基本的な説明ぐらいは、やはりメールでもらった方がいいでしょう。
メールのやり取りで形を残しておけば、後から読み返すことができて、整理をしやすいものです。
メールでやりとりをして、ある程度理解が深まってから電話や面談にシフトするのが、安全な流れだと思います。

メール

PAGE TOP