復縁のための恋愛相談、カウンセリングについて

復縁 カウンセリング

誰かに何かを聞く。
友達に相談をしてアドバイスをもらう。
広くみんなに意見を求める。
専門のカウンセラーにじっくり深く話を聞いてもらい、カウンセリングを受ける。
友人知人から専門家、ネット上の見ず知らずの人まで、様々な方法でアドバイスを受けることができます。
例えば、ネットの知恵袋のようなもので意見を求めると、時には罵詈雑言に近いものを浴びせられることもあり、相談する側にもそれなりの心構えが必要だったりします。
特に恋愛に関する悩み相談は、誰でも回答できる話題であり、不倫や浮気といった話題はネガティブに捉えられ、叩かれやすい傾向にあります。
恋愛の悩みに良いも悪いもないのですが、答える側からしてみれば自分たちの倫理観や物差しのみではかるので、友人なんかと違って合わないものは排除することもあるのです。
そして当然ながら、宝石のごとく価値あるものからごみくず同然のようなものまで、得られたアドバイスにはかなりのレベル差があります。
その見極めが意外と悩んでいる人には難しいのです。

メール相談

恋愛相談やカウンセリングの活用

復縁屋のような専門家は、恋愛の様々な形に精通しています。
そのため不倫でも浮気でも略奪愛でも偏見なく受け入れ、恋愛相談に乗ることができます。
もちろん相談の先には問題解決の手段として工作を念頭においています。
そのため復縁屋に依頼したいけど予算がないという方は、あまり復縁屋に恋愛相談をしても意味あるものになりません。そういった方は、無料の恋愛相談や復縁のためのカウンセリングを活用するのが良いと思います。
メールや電話でのカウンセリングならばお手頃ですし、有料の場合でも工作よりはずっと安価です。対面式のカウンセリングもあるので、物足りない人は利用を検討してみてもいいでしょう。
ただし、臨床心理士といった国家資格を持ったカウンセラーが応対してくれるとは限りません。自称、恋愛心理カウンセラーや聞いたこともない任意団体が認定した心理カウンセラーだったりします。
臨床心理士にしても、こちらは基本的には心の病を持った人を対象としていますから、恋愛相談にはあまり向いていないかもしれませんね。

メール相談

恋愛相談やカウンセリングを利用する際の注意点

恋愛相談には正解などありませんので、対応者の考えや経験で回答は決まってきます。
今は連絡を控えろという答えもあれば、いやどんどん行くべきだという回答もあるでしょう。3人に相談していれば三者三様の回答があるわけで、相談する側はすべての回答を鵜呑みにしないで、どこかで取捨選択していかねばなりません。自分の問題なので、人にまかせっきりというのも良くないと考える人も多いと思います。
しかし復縁に置いては、自分で考えて行動した結果、今の状況にあるわけで、そのことを考えるとどこに足を置いて前に進めば良いのか迷うでしょう。
工作のように人に任せる部分がないため、自分で考え、悩む時間がそれなりに増えることは想定しておいた方がいいのです。

メール

PAGE TOP