別れと復縁

別れを経て、復縁したい、復縁屋に頼む、という流れになるわけですが、復縁を望んでいる方は、復縁にばかり目がいってしまい、別れには目を背けがちです。 辛い記憶を呼び起こすことになりますから、直視したくないという気持ちもわかります。
しかし、別れを見つめなおすこと、なぜ別れてしまったのか、別れの原因は何だったのか、どうすれば別れなかったのかなど、過去から目を逸らさず、自分の別れを振り返ってみることはとても重要な作業です。直接復縁に繋がらなくても、自分自身の糧になり、ステップアップにもなることなのです。

メール相談

その別れの原因は本当か

別れ 復縁

ただいくら記憶を掘り返し、あれかもしれない、これかもしれないと考えても答えが出ない時もあります。
そして相手から言われた別れの理由も申告通りとは限りません。
人は誰しも交際相手に良く見られたい、恨みを買いたくないという気持ちがあるものです。
別れ話の際に本当の理由を言う人の方が少なかったりもします。
特に異性の影があればなおさらです。
友人や共通の知人といった関係している人に対して、このような話をしたり心をさらけ出すとは思えません。
要するにこういった状況のときには、何かしらで利害がある人間ではいけないのです。
少しでも利害関係があるのであれば、言葉を選んだり、使い分けたりして本音や本心をさらけ出さないという人も非常に多いのです。
そこで工作員の力が必要となります。
全くしがらみのない相手であれば、何を言ったとしても、話したとしても、誰にも伝わらないという担保があります。相手とも依頼者とも関係なく、別れたままであっても、復縁したとしても何を選択したとしても損も得もない立場の人間でなくてはならないのです。
だからこそ、工作員の発言に説得力が出てくると言うわけです。

メール相談

復縁にむけた工作員の活動

別れ 復縁 原因

まずは対象者が別れについて何を考えていたか、復縁についてどう考えているかを「知る」ことから始めなくてはなりません。
人によって、何をもって、何を判断材料として復縁を決めるかはことなります。
交際していた時と別れを決めた時、そして今現在。
この一連の考えを把握して、そして日々の変化を知り得る立場にいて、工作員は背中を押すことができるのです。対象者の気持ちや考えは千差万別ですから、それを把握した上で、それに合わせた進め方をしなくてはなりません。
心の中にあるわだかまりをどのように取り除いていくか、相談に乗りながら、少しずつ心理誘導していく必要があるのです。
そして本音を知った上で、対象者への対応策を考えていくのです。

別れてからどういう態度を相手に対してとってきたか、お互い話もできないような断絶状態なのか、連絡はとりあえる関係なのか。
別れてからの対応が未来を左右することがあります。
連絡がとりあえる関係の場合は、そこから発展させるために自己改革や、相手の心理操作などが必要になってきます。
別れた相手の性格や、新しい交際相手がいるのかなど、状況を見極めたアプローチが必要なのです。

メール

PAGE TOP